Home > VIRTUAL情報交換会

VIRTUAL情報交換会

第47回日本熱傷学会 VIRTUAL情報交換会を開催いたします。
参加方法、企画内容など詳細が決まり次第掲載いたします。

日時

10月22日(金)18:20~20:00

参加費

無料

内容

開会のあいさつおよびアワード表彰

松村 一東京医科大学 形成外科学

第1部:コロナ禍における熱傷診療体制の変化の討議

「新型コロナ感染症の熱傷診療への影響」

清住哲郎先生防衛医科大学校病院 救命救急センター 救急部

「入院後にSARS-CoV2 LAMP法陽性となった40%TBSA熱傷の1例」

青木弘道先生東海大学医学部 外科学系救命救急医学

「広範囲熱傷治療中に院内クラスターによりCOVID-19陽性となった症例」

吉牟田浩一郎先生北九州総合病院 形成外科

全体 Discussion

第2部:症例検討会

「広範囲深達性熱傷デブリードマン・攻め所と引き所について〜攻めすぎた1例~」

井上貴昭先生筑波大学 医学医療系 救急・集中治療医学

「瘢痕拘縮を生じた小児の上肢深達性熱傷の一例」

松峯 元先生東京女子医科大学 八千代医療センター 形成外科

Closing Remarks

松村 一東京医科大学 形成外科学

共催

スミス・アンド・ネフュー株式会社